キャッシング即日

キャッシングをなるべく早く借りるkamelotの融資情報

年利と実質年利との違い

カードローン会社を比較するとき、まずは金利を比較することでしょう。その際に数字だけに目がいき、見落としてしまうことが多いのが、その数字が年利などか、それとも実質年利なのかということです。カードローン会社のサイトを見ると、ただ年利と書いてある場合と、実質年利と書いてある場合があるのです。両者は似ていますが、同じものではありません。

 

ただ年利とだけ書いてある場合は、純粋にローン残高に対してかかる利息のことを指します。これは特に問題はありません。問題なのは、実質年利と書かれてある場合です。実質という言葉があると、その意味することから実質的に返済する額だということはわかります。そうなると、ただ年利とだけ書かれてある場合は、実際の返済額とは違うのかという疑問が生じます。

 

結論から言うとその通りで、ローンを組んだ場合は利息を支払えば良いわけではなく、それプラス手数料や保証料などが加算されることがあるのです。そして、実質年利という場合、このような諸費用も利息と一緒に含めたものなのです。

 

利用者が実際に支払うお金は実質年利のほうですので、実質年利で表示されたほうが誤解がなく、わかりやすいと言うことができます。ただ見た目の返済額が増えてしまうので、表面金利である年利で表示するカードローン会社が少なくないのです。

年利でもなんでもとにかく低ければ利用者にとっては良いので、なるべく低い金利で借りられるオリックス銀行カードローン審査保証を受けるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ